MENU

EXHIBITOR出展自治体のご紹介

2018年7月〜12月
にっぽん東西、文化のへそ 東西の日本文化が交わる地
三重県北勢地域

三重県北勢地域、ここは東西の日本文化が出会い、交わる場所。
長い歴史に裏付けられた関西の文化と、中部の伝統・先端技術のどちらも持ち、
海と山に囲まれた恵まれた環境の中で、豊かな食文化を育んできました。
2018年後半の旅するマーケットは、
そんな三重県北勢地域を代表する3つの地域が集います。
訪れたことがある方も、そうでない方も。
日本文化の交差点ならではの魅力を、存分にお楽しみください。

7月から12月の参加自治体
  • 三重県桑名市
  • 三重県菰野町
  • 三重県鈴鹿市

桑名市(三重県)

豊かな食と工芸を育んできた水の郷。
桑名市は木曽三川の自然の恵みを享受する水の郷。豊かな水脈と肥沃な大地で、独自の文化を育んできました。中でも有名なのは蛤。 肉厚でやわらかな身を持つ蛤は江戸の時代から名を馳せ、「その手は桑名の焼き蛤」という言葉が生まれるほど。さらに桑名萬古や桑名の千羽鶴、桑名鋳物といった工芸品の世界でも古くから一目置かれる存在でした。

菰野町(三重県)

開湯1300年を迎えた由緒正しい湯のまち。
平成30年に開湯1300年を迎えた湯の山温泉を持つ菰野町は三重県の北西部、鈴鹿山脈の東山麓に位置し、御在所岳といった観光スポットも豊富な旅人に人気のエリアです。水と空気のきれいなここの名物は米、大豆、野菜、肉などに加えて、焼き物の「菰野ばんこ」。名湯で心と体を癒しながら、素朴な風合いの器で美味しい自然の恵みに舌鼓を打つ。
そんな旅に出かけませんか?

鈴鹿市(三重県)

海と、山と、匠の技が溶け合うまち。
鈴鹿市は海と山に囲まれた豊かな自然の中、匠の技に支えられたものづくりの里としての顔も見せてくれるまち。たとえば平安時代からの伝統と現代の感覚が融合する「鈴鹿墨」に、1000年の歴史を持つ伝統工芸品「伊勢型紙」、そして鈴鹿山脈からの清らかな水で仕込まれる銘酒「作」……。
国内モータースポーツの聖地としての一面だけにとどまらない鈴鹿市の伝統と進化をぜひご堪能ください。

OFFICIAL SNS

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram