MENU

旅するうたげ
〜クリエイティブで北海道の魅力を再開拓「Re: TONDEN PROJECT」〜

開催期間:2019年12月5日(木)

日本全国津々浦々。食べる、触れる、旅したくなる、「旅するマーケット」。
地域にかかわる”人”や”思い”が出会い、結びつく場である「旅するスタンド」では、さまざまなイベントが継続的に行われています。

今回は、クリエイティブを中核とした地域の価値向上をテーマに、アイデア×テクノロジー×クリエイティブの力で北海道を「再開拓」する地域創生プロジェクト『Re: TONDEN PROJECT』のプロジェクトオーナーとして、地域ごとの課題解決のサポートやその地域ならではのプロダクト/サービス開発といった新価値創造も行っている松重宏和氏と、クリエイティブコンセプト立案から設計・ディレクション・制作領域全てを担当し、数多くのデジタルコンテンツを手掛け、『Re: TONDEN PROJECT』にも参加する古坐朋範氏を迎え交流会を開催。

お酒片手に和やかな雰囲気の中、楽しく語り合いましょう。

[開催概要]
開催日 :2019年12月5日(木)
開催時間:19:00~21:00
開催場所:新虎通り「旅するSTAND」(東京都港区西新橋2-16-6先)
アクセス:東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」1番出口より徒歩6分
     東京メトロ三田線「内幸町駅」A3出口より徒歩7分
     JR山手線「新橋駅」より徒歩10分
参加費 :無料(ドリンク、フードはキャッシュオンにて提供)
定員  :40名

松重 宏和
株式会社ボランチ 代表取締役社長 CEO
Creative Director / Brand Archtect
1983年6月28日生まれ。北海道岩見沢市出身。
中央大学 商学部 経営学科卒業後、マイナビ、ワントゥーテンを経て、2019年4月、株式会社ボランチを設立。
企業や行政、教育機関などのブランディング、プロモーション活動におけるコンセプト立案やコミュニケーション設計、そしてエグゼキューションアイデアの開発など、クリエイティブディレクション全般を得意領域として活動中。
採用における全体戦略の考案から採用コンテンツの企画・制作など、採用ブランディング領域にも活動の幅を広げている。
また地元北海道における、アイデア×テクノロジー×クリエイティブの力で北海道を「再開拓」する地域創生プロジェクト『Re: TONDEN PROJECT』のプロジェクトオーナーとして、地域ごとの課題解決のサポートやその地域ならではのプロダクト/サービス開発といった新価値創造も行っている。
ADFESTゴールドをはじめ、Cannes Lions、Spikes Asia、ADSTARS、New York Festivals、
デジタルサイネージアワード、Webby Awardsなど受賞多数。
New York Festivals、AD STARS、販促会議賞審査員。

古坐 朋範
株式会社Nadia 制作局長
Technical Director / Designer
1975年6月28日生まれ。北海道札幌市出身。
デジタルハリウッド札幌校卒業後、2008年より株式会社ナディア(現Nadia)に参加。
これまでに企業のWebサイト構築やインタラクティブコンテンツ制作を中心に、CMや3DCG制作、映画制作、グラフィック制作、UI/UXデザイン、CMS等のシステムの設計/実装などクリエイティブコンセプト立案から設計・ディレクション・制作領域全てを担当し、数多くのデジタルコンテンツを手掛ける。
現在はクリエイティブ部門責任者として、各クリエイティブの監修からクリエイターの採用・育成を中心に活動中。
また様々な経験を活かし、新規事業や新規部門設立、地方拠点・オフショア設立、自社のコンテンツ立案や構築にも携わる。
東京と札幌の二拠点で活動し、地元北海道のクリエイティブの発展を促進するため、アイデア×テクノロジー×クリエイティブの力で北海道を「再開拓」する地方創生プロジェクト『Re: TONDEN PROJECT』に参加。

※イベントの内容は、予告なく変更となる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

記事一覧へ戻る

OFFICIAL SNS

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram